美容外科は患者の自己負担でお金を支払う
若さはお金で手に入れよう 美容外科

美容外科 患者の自己負担で支払う

美容外科は、患者の自己負担によってお金を支払うルールがありますので、自由診療という形式で手術を受ける必要があります。

日本の保険制度は、治療行為、もしくは先進的な医療ではない医療行為に対して保険が適用されます。美容外科は先進的な医療であると判断されていますので、保険の適用がなく患者のお金の負担の割合が多くなってしまうという特徴があります。もちろん、それに見合った手術を提供してくれることに間違いはありませんが、それによって生じるトラブルも負担も自己責任になりますので、その点に関しては注意が必要です。

一般的に、健康保険によって控除される医療費は全体の7割であるため、美容外科で手術を行う際には一般の手術で控除される7割をプラスして費用を支払う必要があります。ここで言われる先進的な医療というのは、一般的な医療分野にはいまだに確立されていない非常に高度な技術が要求される手術のことです。美容外科は、医療先進国のアメリカなどで利用されている手術や医療機器を利用しますので、日本の一般的なクリニックでは馴染みのない手術や機械を使うことが多いです。そのため、美容外科で手術を受ける際にはお金に見合った効果を期待できるのかを事前に調べておくことが大切です。

自己負担になる